広島東支部研修会の開催

 平成30年11月22日(木)13時30分~16時30分まで広島県不動産会館5階第一会議室において『広島東支部研修会』を全国宅地建物取引業保証協会広島本部と共同開催いたしました。
 石原支部長の挨拶で始まり『土砂災害関連の調査・資料作成~西日本豪雨災害関連』と題して当支部役員、大久保正浩氏が講演。2部は㈱スガノの安岡稔枝氏と㈱住宅ケンコウ社、山本隆司氏による『インスペクション実施のメリットを瑕疵保険有効活用』。3部を弁護士の埋橋和人先生から『民法改正で変わる賃貸借の概要と留意点』を講演していただき、綾部副支部長の挨拶で閉会としました。
 今年度は54名(一般1名)の方に、ご出席いただき広報育成委員一同、感謝申し上げます。来年度はさらに意義のある研修テーマを考えていきたいと思いますので、たくさんのご出席をお願いいたします。また、とりあげてもらいたいテーマ等、お気づきの点は東支部までお知らせください。

※当日の資料(レジュメ)をご希望の方は、広島東支部(電話 246-7160)までご連絡ください。