会員レクリエーション

期日:平成30年9月26日
日程:広島駅~むかし下津井回船問屋~ジーンズストリート~
   「鷲羽ハイランドホテル」にて昼食~最上稲荷~広島駅
参加者:36名
コメント
当日は終始薄曇りで、暑くもなく寒くもなく絶好の行楽日和となりました。
倉敷市にある「むかし下津井回船問屋」を見学しました。江戸時代から明治にかけて児島の干拓地に植えた綿花の肥料として、北前船で北海道からニシン粕が大量に持ち込まれたそうです。この交易によって栄えた商家を移設した建物は当時の面影を残しており情緒がありました。また「下津井節」の実演もありました。地元の方に負けず、なんと東支部の方にも「下津井節」を披露していただきました。たいへん上手で感銘を受けました。
お昼ご飯は、鷲羽ハイランドホテルにてご馳走になりました。タコ料理はまさに絶品で、たいへん好評でございました。
午後は最上稲荷を参拝しました。最上稲荷は、明治の神仏分離令の際、特別に「神仏習合」の祭祀形態が許された、仏教の流れを汲む貴重な稲荷ということで、お寺でありながら鳥居があるなど珍しい特徴がありました。この最上稲荷は、聞けば岡山の方はもちろん初詣にはたいへん多くの方が、参拝されるということで、会員の方にもご利益があったと確信しております。楽しい一日となりました。